→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営は実際儲かる?儲からない? » コインパーキング経営とアパート経営
どっちがいい?

コインパーキング経営とアパート経営
どっちがいい?

目次

土地活用の王道といえば、コインパーキングやアパート経営です。ただ、どちらもメリット・デメリットがあるので、なかなか踏み切れないという人は少なくありません。ただ、土地を持っているだけでも固定資産税はかかるため、せっかくなら有効活用してみませんか。

広い土地を相続した人や、広い土地を持て余している人は、一部だけ土地活用を始めるのも一つの手です。様子を見て軌道に乗りそうであれば、残りの土地も段階的に活用していくと良いでしょう。

ここでは、コインパーキング経営とアパート経営の両方を詳しく解説していきます。

コインパーキング経営とアパート経営を比較すると

 コインパーキング経営のメリット・デメリット

コインパーキング経営のメリットは、アパートを建築する費用がかからないため、初期投資を抑えられる点にあります。アパートが建築できないような狭小地や変形地も、有効活用できます。また、建物がないので経営後も売却しやすく、他の用途に転用することも可能です。運営や管理を専門会社に委託する方法もあるため、自身で行う作業負担を軽減できます。居住地から離れた土地でも経営しやすいでしょう。

ただし、コインパーキング経営にもデメリットがあります。立地によっては、アパート経営よりも収益が得られない可能性があるでしょう。また、放置車両や無断駐車により、収益が少なくなったり、撤去にお金がかかったりするケースも考えられます。

アパート経営のメリット・デメリット

アパート経営のメリットは、立地によって高収益を期待できる点です。人気の高いエリアであれば、持続的に安定した収益が期待できます。また、土地の固定資産税・都市計画税が安くなり、家族が相続しやすくなる利点が得られます。

ただし、アパート経営にはデメリットも存在します。コインパーキング経営よりも、大幅に初期投資がかかるという点が挙げられます。アパートを建築する費用がかかるため、まとまった資金が必要です。また、人気のないエリアでアパート経営をしてしまうと、築年数の経過とともに稼働率や家賃が下がり、収益が減るリスクがあります。想定していた収益が入らなくなり、赤字になる危険性もあるでしょう。

「低コスト」に注目するならコインパーキング経営

低コストで始められるのは、コインパーキング経営です。医療モールが近いなど、条件が良い土地であれば、特定の会社に毎月一定額で貸し出すこともできます。一般の人に利用してもらうよりも、安定した収益を得られるでしょう。会社に一定額で貸し出す場合は、オーナーが舗装費用だけを負担するケースと、パーキングの機械を設置して貸し出すケースの2種類の方法があります。

また、コインパーキングは直ぐに経営を始められるので、利用客を逃しにくくなります。近くで新しい商業施設や医療モールがオープンする予定があれば、あわせてオープンすることで固定客を掴みやすくなるでしょう。オープンした後でも想定より収益が得られなければ、直ぐに更地に戻すことも可能です。短期間だけの経営もできるため、将来的に住居を建築する予定でも土地活用をしやすくなります。

「節税」に注目するならアパート経営

節税対策として土地活用をするなら、アパート経営で固定資産税・都市計画税を抑えるという手があります。アパート経営は住宅用地の特例が適用されるので、固定資産税は最大6分の1、都市計画税は最大3分の1に減額されます。さらに、ローンを借り入れている場合は、財産から控除されるため、家族が相続しやすくなるでしょう。

家族への相続を考えて土地活用をする場合は、アパート経営で節税する選択肢もあります。コインパーキング経営だと節税の面で効果が薄いため、相続予定の財産が多い人や、相続人の負担を軽減したい人はアパート経営の方がメリットは得られる可能性があるでしょう。ただし、相続後に入居者とのトラブルや家賃対応などの対応で困るケースもあるので、慎重に土地活用に踏み切ることが大切です。

初めての土地活用におすすめなのはコインパーキング

初めて土地活用をする場合は、スモールスタートできるコインパーキング経営がおすすめです。敷地面積50坪程度あれば、7台分の駐車スペースを確保できます。土地の一部や狭小地でも、気軽にコインパーキング経営が始められます。リスクを抑えて経営を始められるため、初めての土地活用でも不安が少ないでしょう。

また、コインパーキング経営は初期投資が少なく、管理も委託できるため、自身で行う作業負担が少ない点も初心者に優しいポイントだといえます。アパート経営では管理を委託しても、最終的な決定権がオーナーにあるため、都度判断を委ねられます。初心者には判断がつきにくい部分もあるので、コインパーキング経営からスタートするのも一つの手でしょう。