→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには? » 利用者獲得に欠かせないコインパーキングの清掃

利用者獲得に欠かせないコインパーキングの清掃

目次

コインパーキングの清掃をしっかりと行わないと、新規顧客を逃したり、犯罪の温床になったりするリスクがあります。ここでは、コインパーキングの清掃方法を紹介していくので、こまめに清掃を行いましょう。

不衛生なコインパーキングになる原因1.「ゴミ」

コインパーキングが不衛生に見える原因してゴミが挙げられます。どのようなゴミが増えて、どうやって対策を講じるべきかを紹介していきます。

生活ごみ

車に積んでいる生活ごみを、利用者が捨てていくケースは決して少なくありません。食べかすやペットボトル、家電や家具にいたるまで遠慮なく捨てていく人達は存在します。

吸い殻

コインパーキングを利用した際に、死角でタバコの吸い殻をポイ捨てしていく人はたくさんいます。禁煙場所が増えたことで、駐車場内で捨てていく人が多くなっています。

対策法

駐車場内をどれだけ清掃しても、マナーの悪い利用者は出てきます。全体の3%の利用客のマナーが悪いと仮定した場合、1,000人の利用者がいたら30人もゴミを廃棄する計算になります。ゴミをなくすために定期的な清掃や防犯カメラの設置、監視カメラ撮影中といった貼紙をするなど、こまめに対策を講じましょう。

不衛生なコインパーキングになる原因1.「雑草・動物」

コインパーキングが不衛生になる原因としては、雑草の放置や動物の糞尿が挙げられます。対策方法を紹介していくので、早めに対処しましょう。

雑草

雑草を伸び切ったまま放置すると、野生動物が隠れたり、ゴミを捨てられる原因になったりします。

動物の糞尿

荒れていると野生動物が隠れ家にしたり、散歩をさせている人がペットに糞尿させたりする恐れが出てきます。悪臭や害虫が増える原因となります。

対処法

駐車場内の雑草は定期的に刈り取り、近隣の侵入している雑木に関しては早めに所有者に対処をお願いしましょう。一度刈り取ったら終わりではなく、定期的に雑草の処理を行う必要があります。また、ペットの糞尿に関してはこまめに掃除して、野生動物へのエサ遣り禁止の貼紙や、ペットの糞尿禁止の貼紙で注意を呼び掛けてください。

利用者を不安にさせる、設備の不備

利用者を不安にさせる設備の不備について紹介しています。

照明切れ

駐車場内の照明や看板のライトが切れていると、夜間に犯罪の温床となりやすくなります。

精算機や看板の汚れ

精算機は利用頻度が高いため、汚れる頻度が高いといえます。自然災害で看板が倒れるケースもあるので、災害時は特に気をつける必要があります。

落書き

落書きがあると、一気に荒れる原因となります。一カ所落書きされると、次々に落書きされるようになるので、早めに気が付くことが大切です。

対処法

照明・汚れ・落書きは全て定期的なチェックがなければ、気が付きにくいポイントです。専門会社に管理や運営を任せていても、中には放置されたままの悪質なケースも存在します。自分の目で確かめてみて清掃頻度が不十分な場合は、別に清掃業者に依頼するか、あるいは管理や運営業者を変えるのも一つの手です。

まとめ

犯罪学者が提唱した「割れ窓理論」のように、きれいな場所はきれいな状態で使用したくなるものです。反対に放置されている場所は、目の届かない場所として、犯罪が起こるリスクが高まります。

顧客も安全な駐車場を利用したいと考えるため、汚れる・犯罪リスクが高まる・一般客が避けるという悪循環に陥ります。定期的な清掃で、汚れを放置しないようにしましょう。

個人での管理は大変な手間がかかるので、管理委託を検討するのもおすすめです。

コインパーキング経営は
個人と委託、どっちがいい?
ついて詳しく見る