コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営のメリット・デメリットは?

コインパーキング経営の
メリット・デメリットは?

目次

コインパーキング経営のメリット・デメリットについて、8つのパートに分けて解説します。個人で行う場合と委託で行う場合では手間や収入が異なるため、どちらがいいのかも併せて参考にしてみてください。

コインパーキング経営のメリット

コインパーキング経営のメリットとして、主に5つ挙げられます。土地活用の中でも、手軽さが魅力です。

コインパーキング経営のデメリット

インパーキング経営には多くのメリットがありますが、デメリットについても知っておきましょう。

コインパーキングの市場規模は
どれくらい?

駐車場市場の規模は2007年から2019年まで右肩上がりとなっており、大きくみると市場規模が今後も伸びていくと予想されます。ただし、コロナ禍によって外出機会が減っていることから、2020年の市場規模は減少しています。とはいえ、自動車数に対して駐車場の数が足りていない現状があるため、今後も立地条件によっては、高い稼働率を確保することも十分可能といえるでしょう。

このパートでは、駐車場市場の現状(2021年7月現在)について、コインパーキング経営の専門家にインタビューしてみました。業界のリアルな話を聞けるチャンスなので、ぜひチェックしてみてください。

参照元:業界動向SEARCH.COM
https://gyokai-search.com/3-parking.html
参照元:知識ゼロからのコインパーキング経営
http://blog.shouwapark.co.jp/コインパーキングの市況分析。/

コインパーキングの市場規模を
チェック

コインパーキング経営の
リスクとは?

コインパーキング経営を行ううえで考えられるリスクとはどのようなものがあるでしょうか。例として、委託の場合に運営会社から賃料の減額を求められることがあるようです。稼働率が思ったようにいかなかった、近くに料金が安い競合が現れた、などの場合に減額交渉を受けやすいとのこと。 また、個人で行う場合は機械の故障や利用者同士の事故・トラブルに自ら対応しなくてはならないこともリスクの一つです。費用や手間がかかってしまうので、片手間で収入を得たい方には個人経営は向いていないかもしれません。

このパートでは、コインパーキング経営の実際に起こりうるリスクと回避策について、コインパーキング経営の専門家の話も交えて紹介します。

コインパーキング経営のリスクに
ついてチェック

コインパーキング経営は
個人と委託、どっちがいい?

コインパーキング経営は、大きく個人経営と管理委託に分けられます。個人で行う場合、工事費などの初期費用から、電気代・設備修繕費などのランニングコスト、清掃・クレーム処理などの日常的な管理業務はすべて自分で対応。その分収入はすべて自分のものになるという仕組みです。

一方の委託とは、運営会社が初期費用の負担や日頃のメンテナンスを行い、その費用を差し引いた分をオーナーに支払うという仕組みです。多くの運営会社では「一括借り上げ方式」という方法を採用。初期費用、ランニングコスト、管理費などすべての業務を請け負い、オーナーには土地の賃料という形で毎月一定金額を支払うというものです。

このパートでは、コインパーキングの個人経営、管理委託の違いについて、専門家に聞いてみました。

コインパーキング経営の個人と
委託の
違いについてチェック

コインパーキング経営の
仕組みってどうなっている?

コインパーキング経営はどのように利益を上げるのでしょうか。コインパーキング経営を行う場合、委託するなら一括借り上げ方式がメジャーなのだとか。一括借り上げ方式とは、駐車場運営業者に土地を貸し出し、賃料を受け取ることで利益を得るスタイルです。初期費用の負担や管理をすべてお任せしながら、毎月一定金額が収入として入ってきます。

一方、個人で行う場合は何もかも自分で対応する必要がある分、売り上げた金額はすべて自分の収入にすることができます。

このパートでは、コインパーキング経営で利益をあげる仕組みを専門家にも聞いてみましたので、ぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の仕組みに
ついてチェック

コインパーキングの一括
借り上げは何が良い?

オーナーさん所有の土地を、駐車場の経営・運営会社が借り上げし、すべてを経営・運営会社に任せるという仕組みが一括借り上げです。

コインパーキングの一括借り上げは、オーナーにとってのメリットが大きい方法として知られていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

このパートでは、コインパーキングの一括借り上げの詳しい内容を専門家の解説を交えて、紹介します。

コインパーキングの一括
借り上げについて
チェック

コインパーキングの管理って
大変?

コインパーキングには不特定多数の車両が出入りするため、日々細やかな管理業務を行う必要があります。初期の段階では精算機や看板の設置、料金設定。オープンしてからは集金や釣り銭の準備、事故・クレーム対応、場内清掃、機械のメンテナンスなど、ざっとあげただけでも多くの管理があることがわかります。

そこで便利なのが、駐車場運営会社に管理を委託する方法です。すべてを任せるパターンと、個人では難しい管理のみを任せる方法があり、どちらも管理の負担を減らしてくれる心強いシステムです。

このパートでは、コインパーキングの管理は実際大変なのか、また運営会社に委託した場合は具体的にどのような作業を行っているのか、専門家にインタビューしました。

コインパーキングの管理について
チェック

コインパーキング経営は
どうやって始める?

コインパーキングを始めようと思ったら、具体的になにをすれば良いのでしょうか。コインパーキングは少ない設備で始められるため、準備に時間がかからず、短期間でオープンできることがメリットの一つ。具体的な手順と流れを紹介します。

委託の場合、依頼する会社によってオープンまでのサポート内容も異なるようです、その点も含め、コインパーキング経営の専門家に聞いてみたので、ぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の始め方を
チェック

コインパーキング経営は
土地なしでも始められる?

これからコインパーキング経営を始めたいと考える方の中には、現時点で土地を保有していないパターンもあるでしょう。実際に土地の用意から始めてもコインパーキング経営で利益を出すことはできるのでしょうか。

このパートでは、利益を出すための土地選びの方法や、購入と借地どちらが良いのかについてまとめました。初期の設備投資が少ないからこそ土地なしでも始めやすい事業なので、コインパーキングを検討している方はぜひ参考にしてください。

土地なしで始めるコイン
パーキング経営について
チェック

コインパーキング経営を
法人化するメリットとは?

コインパーキング経営を個人事業で経営している方にとって、規模や収益によっては法人化するとメリットが大きくなる場合があります。所得税対策や相続時の利点が増えたり、経費の幅が広がったりするメリットが生まれる一方で、法人設立やそれを維持するため費用がかかり、事務作業が煩雑化するデメリットも少なくないため検討が必要でしょう。実際に、法人化する際の流れや所要期間についても簡単にまとめています。

コインパーキング経営の
法人化についてチェック

コインパーキング経営で
安定収入は得られる?

コインパーキング経営とひと言でいっても、「一括借上方式」、「管理委託方式」、「自営方式」の3つの経営スタイルがあります。このなかで「一括借上方式」は、管理業務もまるっと任せられ初期費用やランニングコストもなしで、毎月一定の収入を得ることができます。安定収入を考える際に知っておきたい収入のポイントについて紹介します。

コインパーキング経営で安定収入は得られる?
についてチェック

短期間のコインパーキング経営
はできる?

立地の良さと初期費用の短期回収が可能であれば、会社によっては最短1ヶ月~でも短期のコインパーキング経営は可能です。「コインパーキング経営を考えているけれど成功するか不安…」、「短期間だけ土地活用をしたい!」という方に向けて送る短期間のコインパーキング経営の注意点とおすすめの経営スタイルについて紹介しています。

短期間のコインパーキング経営はできる?
についてチェック

コインパーキングは転用性が高い?

土地活用の中でも、転用性が高いと言われるコインパーキング。初期費用が低く始めやすいので、将来の転用を考えていてもその間の土地活用にコインパーキング経営は向いています。コインパーキングはなぜ転用性が高いのか、また何に転用できるか選択肢を紹介します。土地の場所や性質によって、長期的な収益性を検討してみましょう。

コインパーキングは転用性が高い?
についてチェック

コインパーキングは老朽化しない?

コインパーキングは機械式駐車場と比較すると、老朽化リスクがかなり低い土地活用です。機械式駐車場は大がかりなシステムだけに、保守にも点検にも費用がかかります。現在は機械式駐車場をコインパーキングに転用するケースも増えています。老朽化リスクが低いとはいえ、コインパーキングにも定期的なメンテンナンスは必要です。

コインパーキングは老朽化しない?
についてチェック