→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営のメリット・デメリットは? » コインパーキング経営の
仕組みって
どうなっている?

コインパーキング経営の
仕組みって
どうなっている?

目次

コインパーキング経営の仕組みに関するネット上の噂を元に、実際のところどうなのか、コインパーキング経営の専門家に聞いてみました。コインパーキング経営に興味がある土地オーナーはぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の
仕組みに関するネット上の噂

委託なら一括借上げ方式が一般的?

コインパーキング経営には、個人で行うケースと運営会社に管理を委託するケースの2通りあります。多くの人が行っている経営方法は、委託管理の一つである「一括借上げ方式」というもの。

一括借上げ方式とは、オーナーが土地を駐車場運営会社に丸ごと貸し出し、その賃料を毎月一定額受け取ることで利益が発生する仕組みです。コインパーキングの売り上げに関わらず利益が発生するため、驚くほどの高収入は見込めませんが、毎月一定の収入が入ってくるため、将来設計が立てやすいなどのメリットがあります。

参照元:TIME PARKING
http://www.coin-p.com/system/

コインパーキング経営は
個人と委託、どっちがいい?
ついてチェック

月極駐車場より収入減のリスクが低い?

駐車場経営は、コインパーキングの他にも月極という方法があります。月極は駐車場を借りたい車の所有者に対し、毎月賃料を受け取って貸し出す方法です。一方コインパーキングは商業施設や観光地の近くで不特定多数の方が利用する駐車場で、料金も時間単位で発生するというもの。

月極駐車場の場合、空車が発生するたびに収入が減少するリスクが避けられないそう。その点コインパーキングの一括借上げ方式なら収入が毎月一定しているため、稼ぎやすい仕組みといえるでしょう。

参照元:TIME PARKING
http://www.coin-p.com/system/

本当のところどうなの?
コインパーキング経営の仕組み
について専門家に聞いてみた!

疑問に
答えてくれたのは…
取材協力イチネンパーキング

東証プライム上場のイチネンホールディングスのグループ会社で、初期費用0円・一括借上げ方式で安定収入が目指せるうえ、管理業務すべて負担と、オーナー目線の運営を心掛け、成功オーナーを数々輩出しているイチネンパーキング。西日本営業一部部長の橋本乃一さんにコインパーキング経営を始めるうえでの不安や疑問をぶつけてみました。

コインパーキング経営はどのように利益をあげているのか、仕組みを教えてください。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

一括借上げ方式の場合、運営会社から支払われる賃料が100%土地オーナー様の利益となります。
土地オーナー様には、イニシャルコスト、ランニングコストは一切かかりませんので、賃料が30万円ならオープン初月から30万円の利益が出るという仕組みです。 早いタイミングで収益化が計算できるのが、一括借上げ方式のメリットでもありますね。
ネット上の記事を見る限り「コインパーキング経営で失敗した」という声も見かけます。
「儲かる人」と「儲からない人」の差が生まれるのはなぜでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

コインパーキング経営は、マンション経営と違い、土地オーナー様の設備投資やランニングコストの負担などは一切ありません。マンション経営の場合は、多額の借金をしてマンション経営をしたが、稼働率が悪く計画していた収入を得ることができずに失敗したといったケースを聞きますが、土地オーナー様が持っておられる遊休地などを一括借上げ方式にて駐車場運営会社に貸される場合、失敗は無いと思います。
ただし、土地オーナー様が運用目的で土地を取得するために多額の借金をした場合や建物の解体工事などに多額の借金をして駐車場経営を始めた場合、期待した賃料収入が得られなければ、失敗したと感じられる場合があるかも知れません。
賃料の差はどのようにして生まれるのでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

土地のロケーションによって、賃料が変わってきます。ビジネス街、繁華街、住宅街、駅チカなどのロケーションにより駐車料金の相場や稼働率の違いにより売上が変わりますので、当然賃料にも差が生じます。
一般的にビジネス街や駅チカ物件の方が賃料は高くなりますが、住宅街が低く儲からないという訳ではありません。立地により地価も異なりますので、全てのロケーションにおいて、その土地相応に安定した利益を得ることができると思います。
一括借上げ方式の場合、運営会社はどのような形で利益を得ているのでしょうか?
負担している費用なども含めて教えてください。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

コインパーキングの売上が全て弊社の収入となり、原価として、土地オーナー様に支払う賃料、駐車場設備機器、工事代、看板代などのリース料、コンタクトセンター費用、消耗品費用、修繕費、警備費用、電気代、保険費用などを弊社が負担いたします。 売上から原価を差し引いた金額が粗利益となります。
弊社では、駐車場の稼働率を高めるために、駐車場周辺にある美容院、診療所などの商業施設に対し、駐車サービス券で提携いただける店舗の募集をいたします。店舗と提携することにより、固定客、リピート客が期待できますので、駐車場の稼働率を高めることができます
店舗と提携した場合、具体的にどんな営業活動をしてもらえるのでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

提携いただいた場合は、店舗の看板を駐車場内に張り付け、店舗内にポスターを提供するなど認知性を高める努力をしています。
それでも不稼働車室がある場合は、月極契約者を募集し駐車場の収益力を最大限高める努力をいたします。弊社は、提携店募集、月極契約者募集に最も力を入れており、これが他社との差別化になると信じています。
その他にも、常に駐車料金変更を検討し、ノボリを設置し認知性を高める努力を継続し、稼働率が安定するように努めています

コインパーキング経営のコツ
こうすれば会社選びで
失敗しない

橋本さんのお話によれば、コインパーキング経営は、オーナーが土地を運営会社に貸し、その賃料を受け取る「一括借上げ方式」が一般的とのこと。 なかには完全に個人で管理を行う方もいるようですが、設備の故障や利用者同士のトラブル対応は何かと大変です。一括借上げ方式を採用している運営会社ならノウハウも豊富なので、専門家に任せられるところは任せましょう。 収益の目安をできるだけ確実に把握してから経営をスタートさせたい方は、事前調査に力を入れている会社がおすすめです。

成功オーナーの声

イチネンパーキングの協力を得て、安定収益を上げている現役オーナーの方に「コインパーキング経営の成功のコツ」を聞きました。 60代男性のCさんは、7台分の駐車スペースを持ち、月額の賃料は22万円程度。収益は主に貯蓄に回しているそうです。

Cさん

Aさん
40代男性
経営歴10年

コインパーキング経営を成功させるのに一番大切なのは、入念な会社選びです。コインパーキング経営といっても様々な委託会社がありますが、 私の場合は、次の3つのポイントで決めました。
・営業マンの対応に好感を持てるか
・周辺地域に強い会社かどうか
・目標意識が高く、末永く付き合えるか
結果的にイチネンパーキングさんに決め、今では毎月で約22万円の賃料を受け取っています
管理業務も徹底されていて、これまで近隣住民からのクレームもありませんし、トラブル対応も早く心強いです。 衛生意識が高く、駐車場付近の清掃なども定期的に行ってくれます。
イチネンパーキングは
こんな会社
イチネンパーキング
引用元:イチネンパーキングHP
https://www.ichinenpark.co.jp/
「契約して終わり」ではない。
丁寧なサポートと積極的な営業活動で安定収益を目指せる

イチネンパーキングでは、コインパーキング経営のイニシャルコストからランニングコストまでの費用を負担してくれます。基本的に土地さえあれば、す ぐにコインパーキング経営を始めることが可能で、クレーム対応や集金、経理などの面倒な管理業務もすべてお任せOK。一括借上げ方式のため、毎月安定した収入を得ることが可能です。

イチネンパーキングの最大の強みは、契約からその後のサポートまで一貫体制で同じ営業担当者が行ってくれる点にあります。周辺店舗と提携を行うため(=収益の増加) の営業活動や、定期的な設備点検・清掃によるサービス向上がモットー。インタビューにもあったように、事前の周辺調査に力を入れているため、経営を行う前に賃料がわかることもポイン トです。2021年7月現在、全国1,500カ所の駐車場を運営しており、実績の面でも安心して任せられる会社といえるでしょう。

【フリーダイヤル&
24時間対応】
電話で問い合わせる