→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには? » コインパーキング経営のオープン前に必要な準備

コインパーキング経営のオープン前に必要な準備

目次

土地活用としてコインパーキング経営するなら、オープン前に準備が必要です。とはいえ、アパート経営と違い、建物を建てずに運営できるため、作業が少なく短期間でのオープンも夢ではありません。通常は2週間から1カ月程度でオープンできますが、土地の広さによっては1週間でオープンしたケースもあります。

ここでは、コインパーキング経営に必要な準備と流れを紹介しています。

必要な機器の一例

管理運営を外部に委託すれば、下記の取り付け作業をあわせてお願いすることができます。個人で一から用意するのは大変な労力を要するため、運営経験が豊富な専門業者に任せましょう。効果的な設置場所に配置してくれるので、個人で場所を検討するよりも集客効果が期待できます。

コインパーキング経営は
個人と委託、どっちがいい?
ついて詳しく見る

シンボル看板

集客のための看板を設置。ライトをつけたシンボル看板なら、夜間も明るく照らしてくれるため、防犯効果を期待できます。

精算機

コインパーキング利用時の精算を行う機械。領収書の発行ができるだけでなく、電子マネーに対応していたり、ポイント加算ができたりする機械も存在します。

料金看板

コインパーキングを利用する目安となる料金を掲載した看板。緊急時の連絡先を記載しておくと、機械の故障で車が出せないといったトラブルにも対応しやすくなります。

パークロックシステム

駐車する位置にある入庫を管理するシステム。自動で料金の精算を管理することができます。

ゲートシステム

入出庫を管理するための、駐車場入口に設けるシステム。広い駐車場や需要が高い駐車場でも、スムーズに入出庫を管理できるようになります。

P看板

道路に面した場所に設置して、満車・空車の状態を一目で分かるようにするための看板。円滑な入出庫をサポートします。

コインパーキングの設備面でチェックすべきこと

コインパーキング経営をする際は、オープン前に設備をチェックしておきましょう。無人経営なので想定外のトラブルはつきもの。オープン直後から不足の事態に陥って、新規顧客を逃すことがないように気をつけましょう。

路面

路面を点検しておくと、駐車場内での事故を未然に防ぐことができます。出入口までの動線や駐車線の見え方、段差の有無をしっかりと確認しておき、不具合は手直しする必要があります。また、車室番号が見えにくい場合も、トラブルに発展する恐れがあるので、分かりやすい表記を心掛けましょう。

システム関連

精算機・パークロックシステム・ゲートシステムが上手く稼働するかどうか、試運転をして動作の確認を行いましょう。精算機は時刻設定をしたうえで、実際に試してみてください。また、駐車場内の全システムを同時稼働させても、出力に余裕があるかを確認しておく必要があります。

照明

駐車場内に設置されている照明や看板のライトが、点灯・消灯するか確かめておくことが大切です。満車・空車の表示がつかない場合は、早急に対処しましょう。また、照明が切れている場合も、駐車場内での犯罪が起こりやすくなるので、直ぐに対処することが重要です。

看板

緊急連絡先や説明事項が、分かりやすく記載されているか確かめましょう。特に無人運営のコインパーキングではトラブルが発生したときに、看板が大切な役割を担います。スムーズな対応ができるような看板に仕上げてください。

釣銭

釣銭はあらかじめ準備しておきましょう。料金設定や集金頻度によって必要な釣銭は異なるので、オープン当初は余裕をもって入れておく必要があります。

コインパーキングの近隣でやるべきこと

コインパーキング経営を始める前に、近隣への挨拶を済ませておきましょう。料金体系や利用方法、営業時間帯など情報を開示しておくことで、オープン後の苦情にも対処しやすくなります。また、各戸へのポスティングやチラシを手配りしておくと、新規顧客を獲得できる可能性が高まります。周辺にお店や医療モールがある場合、利用客に配布するのがおすすめです。離れたエリアから車で訪れている顧客を誘導できます。

電柱広告を利用するという手も

コインパーキングが分かりにくい位置にある場合、電柱広告を利用する方法があります。目立つ場所に電柱広告を掲出することで、顧客を誘導できる可能性が高まります。他の広告がたくさん掲出されていて埋もれてしまう、あるいは掲出できる電柱が見当たらない場合は、他の集客施策を考えるべきでしょう。

集客のために用意すべきこと

コインパーキング経営をするなら、集客できるツールを用意しておくことが大切です。例として、都内であれば、s-park(都内時間貸駐車場検索サイト)に駐車情報を掲載するのも一つの手です。財団法人東京都道路整備保全公社の情報提供により、駐車場情報を掲載しているサイトで、東京都内全域で活用されています。

こういった種類の集客手法がないか、コインパーキングオープン予定地で検索してみましょう。そのほかの集客施策としてのぼり旗の設置で駐車場をアピールして、顧客を誘導する方法もあります。複数の集客施策を組み合わせて、収益をアップさせましょう。