→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには? » コインパーキング経営に適した地域のポイントとは?

コインパーキング経営に適した地域のポイントとは?

目次

コインパーキング経営では、地域性を理解しておくことが重要となります。地域によって、土地の値段はもちろん違ってきますし、コインパーキングの価格設定も違います。それぞれの地域の特徴をご紹介していきます。

コインパーキングで考えるべき地域特性とは?

コインパーキング経営で考えるべき地域特性は、本当にさまざまなものがあります。

その中でも、一番重要なのは、その地域の人口や交通量と言ったデータです。このデータは綿密に調査をする必要があります。特に、コインパーキングか月極駐車場にするかを迷っている場合には重要です。一般的には、月極駐車場よりも、コインパーキングのほうが収益性が良いと言われていますが、それは人口が多いなどの地域前提だからです。また、地価や固定資産税なども調査しておきましょう。予想収益と初期費用、税金とのバランスを考えることが必要です。

コインパーキング経営に適した地域のポイントは?

では、コインパーキング経営に適した地域のポイントは、どのようなものでしょうか。以下に主要な地域について解説していきます。

東京都

東京都はみなさんもご承知の通り、日本で一番地価が高い場所です。主要駅近くや繁華街の近くは、非常に高いです。共同住宅や商業ビルなどを経営するには収益性が見込めるかもしれませんが、これから土地を購入して、コインパーキングを始める場合には、採算が取れない可能性が高いと思います。ただ、少し郊外に目を向ければ、土地価格や固定資産税も都心よりは安い物件もありますので、郊外型のコインパーキングを考えたほうが良いかもしれません。

埼玉県

埼玉県は、東京都心に通勤する人たちが多く住む、ベッドタウンです。地価も東京に比べれば低くなります。人口も多く、交通量も多いです。また、東京に本社を置く会社の工場なども多くあり、郊外型のコインパーキングの設置が考えられます。さらに、さいたま市などの都市部には都市型のコインパーキングの需要も多いと考えられます。

千葉県

千葉県も埼玉県同様に東京都のベッドタウンの側面があり、人口も多いです。地価も東京都と比較すれば、低価格ですので、コインパーキング経営はやりやすいと言えます。加えて、国内で有数のテーマパークや房総半島などの観光地を抱え、巨大な工業地帯もありますので、コインパーキングの需要はかなり大きいと言えるでしょう。

京都府

日本でも有数の観光地である、京都市がありますので、人口や交通量などは、申し分ない条件と言えるでしょう。京都市内では、公共交通機関を使用する人も多いですが、駅から遠いスポットも多く、レンタカー、観光タクシーの利用も多いです。そのような需要を上手く取り込んで、エリアを選択すれば、収益も期待できるでしょう。地価や固定資産税は高めですが、収益が上がれば問題ないと思います。

大阪府

大阪市中心部の場合は、ほぼ東京と同様の状況と考えて良いでしょう。梅田や難波などでは、コインパーキングに需要はありますが、土地の価格が高く、新規で参入するのは難しいかもしれません。周辺の住宅圏は、東京よりも都市部との距離が近く、人口や交通量も十分なため、コインパーキング経営に向いていると言えるでしょう。地価も都市部から離れれば、関東圏よりも安い場合があります。

どの地域を選ぶのか、総合的な判断が必要

従来持っている土地活用のためにコインパーキング経営を行うのであれば、それぞれの地域の特性を踏まえることも大切でしょう。自分の土地がコインパーキングに向いているのか、慎重に判断してみてください。