→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには?

コインパーキング経営で
失敗しないためには?

目次

コインパーキング経営に失敗する原因と対策を、4つのポイントに絞ってまとめました。

コインパーキング経営の
よくあるトラブルは?

コインパーキング経営では騒音や不法投棄、照明、料金をめぐるトラブルなどさまざまな問題が発生します。また利用者とのトラブルだけでなく、運営会社との契約に関するトラブルもあるため、個人ですべて対応するのは負担が大きいといえるでしょう。

このパートでは、インターネット上で見つけた起こりやすいトラブル事例を紹介するとともに、専門家に実際のトラブル事情について、インタビューを行っています。トラブルに巻き込まれないためのコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の
よくあるトラブルを
チェック

コインパーキング経営で
賃料減額交渉されたときの
対処法は?

コインパーキング経営には、運営会社に管理を一任する「一括借り上げ方式」というものがあります。基本的には毎月一定の賃料を受け取る形で収入を得るのですが、何らかの原因によって経営が難航してきた場合、賃料の減額交渉をされることがあります。原因は、運営会社側のリサーチ不足による賃料設定ミスや、競合の出現によって賃料を下げざるを得なくなってしまった場合など、さまざまです。

このパートでは、賃料減額を求められた際の対処法や、そもそも賃料減額の交渉をされないための会社選びのコツを紹介しています。専門家にもインタビューを行っていますので、現場のリアルな声を聞きたいオーナーはぜひチェックしてみてください。

コインパーキング経営で
賃料減額交渉
されたときの
対処法をチェック

コインパーキング経営の
空車対策はどうなっている?

コインパーキングの売り上げを上げるには、できるだけ空車スペースがないよう稼働率を常に100%に近づけること。しかし、当初のシミュレーションが甘いと想定外の空車が多くなってしまい、思ったような利益につながらないことも。一括借り上げの場合は、想定した通りの売り上げが上がらないと賃料減額にもつながるため、できるだけ空車は避けたいものです。

このパートでは、コインパーキング経営で空車が起きてしまう原因と、オーナーが事前の対策としてできることを紹介しています。専門家に稼働率の目安などもインタビューしていますので、ぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の
空車対策について
チェック

コインパーキング経営の
違法駐車を防ぐには?

トラブルの中でも大掛かりなのが、長期駐車などの違法駐車。無人で営業するのが通常であるコインパーキングでは、ゴミの不法投棄とともに車両の放置も問題になっています。長期間車が停まっていると利用できるスペースが少なくなり、利用者が困るだけでなく、コインパーキングの売り上げ低下につながることも。

このパートでは、長期駐車への対策と対応を専門家にインタビューしてみました。オーナーに求められる対応についても掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の
違法駐車対策をチェック

コインパーキングの
機械にはどんなものがある?

コインパーキング経営をする際には、ロック式やゲート式、前払い式など料金徴収機械をどの種類にするかの見極めが必要です。コインパーキングの規模や立地によっても変わってくるので、選択を誤るとコインパーキング経営に少なからず影響が出ます。そこで、コインパーキングの機械の種類を選ぶときに参考にしたいメリットとデメリットについてもまとめました。

コインパーキングの機械についてチェック

コインパーキング経営には最低どのぐらいの坪数が必要?

コインパーキング経営は狭い土地でも収入を得られるおすすめの活用法です。広い土地を持っていなくても、2台程度駐車できる10坪程度の土地が確保できればスタートできます。2台程度の狭小地でコインパーキング経営を行うメリットとデメリットもまとめました。

コインパーキング経営における
坪数についてチェック

コインパーキング経営に向いている土地はどんな土地?

コインパーキング経営をするのであれば、どこでするのかが成否を分けるといっても過言ではありません。どのような施設が近隣にある立地条件が有利なのか、またコインパーキング経営に転用できる土地の種類についてもまとめました。

コインパーキング経営に
向いている
土地についてチェック

コインパーキング経営に関する法律や条例をチェック

コインパーキング経営は資格なども不要であるため、比較的簡単にスタートできる事業の一つです。しかし、規模によっては届出が必要であったり、駐車場利用規約の掲示方法によっては法律に抵触したりする可能性もあります。あわせてまちづくり条例などからみについてもまとめました。

コインパーキング経営に関する
法律や
条例についてチェック

コインパーキング経営におけるレイアウトとは?

コインパーキング経営を始めるには、土地の形状や面積に合わせて駐車スペースや出入り口を設計したり、精算機の位置などを決めたりする必要があります。このような駐車場に必要な設備の配置やスペースの区画を決めるための図面を、レイアウトと呼びます。

そこで、コインパーキング経営におけるレイアウトの定義や特徴をはじめ、車室や車路の適切な幅、稼働率を上げるために工夫できる点について分かりやすくまとめました。パーキング経営を検討している土地オーナーの方は、参考にしてみてください。

コインパーキング経営におけるレイアウトをチェック

コインパーキング経営の主な業務とは?

コインパーキング経営は、整地や精算機の設置だけで完結するものではありません。コインパーキング経営に必要な設備を準備したあとは、集客方法を考えて広告宣伝を行ってみたり、定期的な巡回や清掃業務を行ったりするのも大切です。

ここでは、コインパーキング経営に必要な業務や管理業務で考えられるトラブルやリスク、委託管理方式の向いているケースについて分かりやすくまとめました。

コインパーキング経営の主な業務をチェック

コインパーキング経営における
ロック装置・ロックレス装置について

コインパーキングの管理方法で、ロック装置方式があります。一般的に普及していますが、不正利用や事故のリスクは無視できません。不安ならロックレス(フラップレス)形式を選択肢に入れてみてください。新しい方式で、不正利用や事故やトラブルのリスク軽減が期待できます。

コインパーキング経営における
ロック装置のデメリットと
ロックレス装置についてチェック

コインパーキング経営
副業で行う場合のポイント

コインパーキングを副業でする場合、個人で行うのではなく、土地の一括借上方式で管理もしてくれる運営業者に任せると負擔が軽くなります。定期的なメンテナンスや清掃やトラブル対応なども任せられるからです。ただし、副業があると会社から目を付けられる可能性があるため注意しなければなりません。

コインパーキング経営を
副業で行う場合のポイントについて
チェック

コインパーキング経営、車高が高い・低い車両の利用について

コインパーキングの収益を上げるには、多くの人たちに利用してもらうことが一番ですが、採用している装置や設備によっては、車両の高さや地上高の制限を設ける必要が生じます。こちらでは一般的なコインパーキングの「高さ」に関する利用規約とその理由などについてまとめています。

車高の高い・低い車両のコインパーキング利用についてチェック

コインパーキング経営するなら、駐車場は砂利とアスファルトどっちがいい?

コインパーキングには砂利を敷いたもの、アスファルトを敷いたものに分かれますが、この違いは初期投資コストや税金などの問題が関わっています。こちらでは砂利とアスファルトの違いを税金面からまとめていきます。

駐車場を砂利・アスファルトにする違いについてチェック

コインパーキング経営のアイドリング音の騒音対策とは?

経営するコインパーキングで起こるトラブルで多いのがアイドリング音の騒音問題です。周辺住民と余計なトラブルを避けるためにも、事前に対策を取る必要があります。こちらでは無駄なアイドリング音への騒音対策をまとめています。

コインパーキングでのアイドリング騒音対策についてチェック

コインパーキング経営は1~2台からできる?

建物を建てるには難しい狭い土地を有効活用したい、でも1台や2台程度の小さなコインパーキングは経営として成り立つのかと悩んでいる方もいるかもしれません。こちらでは1台や2台分のコインパーキング運営のメリットと注意するポイントを解説しています。

1~2台の空きスペースでのコインパーキング経営についてチェック

コインパーキング経営の
オープン前に必要な準備

コインパーキングの準備は多々あります。精算機やゲートシステムのような機器、料金やシンボルといった看板類の選定と用意です。路面に不具合はないか、システムや照明は問題なく稼働するかなど、入念に最終チェックします。近隣住民への挨拶も欠かせません。ポスティングやチラシを配れば、新規顧客も期待できます。近場にショッピングモールのような、大型商業施設があれば利用客にチラシを配るのも有効です。コインパーキングの存在を知れば、選択肢になるため、利用者アップにつながります。

コインパーキング経営のオープン前に必要な準備をチェック

利用者獲得に欠かせない
コインパーキングの清掃

コインパーキング経営で清掃は欠かせません。ペットボトルや弁当の空箱が転がり、タバコの吸い殻があちこちに見えるところに駐車したい人はどれだけいるでしょうか?定期的な清掃以外にも、深夜人のたまり場にならないよう防犯カメラを設置する、監視カメラの存在を示す看板や張り紙を利用する、といった対策も有効です。ゴミのほかにも、雑草や動物の排泄物、それによる害虫の発生も困りものです。清掃に関わる困りごとについて対応を確認しましょう。

利用者獲得に欠かせないコインパーキングの清掃をチェック

コインパーキング経営の種類について

コインパーキング経営の形態には、細かく分けて5種類(一括借上、利益分配、管理委託、機械買取、機械レンタル)があります。それぞれにメリットがあり、オーナーのこだわりに応じて、向いている・向いていないがあります。コインパーキング経営の種類について解説します。

コインパーキング経営の種類についてチェック

コインパーキング経営で自動販売機を設置するメリット

コインパーキング経営では、自動販売機を設置するメリットがあります。選ばれやすいコインパーキングになり、自販機の利用者が増えれば売上分、利益が発生するのです。コインパーキング経営で自動販売機を設置するメリットを解説します。

コインパーキング経営で自動販売機を設置するメリットについてチェック