→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには? » コインパーキング経営の
空車対策は
どうなっている?

コインパーキング経営の
空車対策は
どうなっている?

目次

コインパーキング経営は稼働率がモノを言うため、極力空車が発生しないよう運営するのが大事なポイント。ここでは、空車対策としてできることを駐車場経営の専門家にインタビューしてみました。

コインパーキング経営の
空車対策に関するネット上の噂

コインパーキングでは想定外の空車が
発生することも

コインパーキングは立地や料金設定によって稼働率が大きく変わります。事前のシミュレーションを誤ると、思ったような収益にならず、がっかりすることも。空車が多く売り上げが上がらなくても毎月の経費はかかってしまうため、個人経営の場合は最悪のケース撤退に追い込まれる可能性もあります。また、一括借上げ方式の場合でも、駐車場運営会社が儲からないと判断した場合、賃料減額や解約となってしまうケースもあるでしょう。

参照元:スマイティ
https://sumaity.com/land_usage/press/448/

コインパーキングの空車対策は?

コインパーキングの空車対策としてできることは、土地周辺の調査を事前にしっかり行うことと、ノウハウを持った駐車場運営会社を選定することの2点。

まず、あらかじめニーズを把握しておくことは最重要ポイントです。周辺のコインパーキングの稼働率や料金設定の調査、周辺店舗の有無など、利用者をシミュレーションしてから経営をスタートすることが鉄則。事前調査は、駐車場運営会社に依頼することで細かく把握できます。無理に個人で行うよりも、専門家に任せられる部分は任せることが大切です。

参照元:ホームフォーユー土地活用
https://land.home4u.jp/guide/parking-management-3-1576

本当のところどうなの?
コインパーキング経営の
空車対策について専門家に
聞いてみた!

疑問に
答えてくれたのは…
取材協力イチネンパーキング

東証プライム上場のイチネンホールディングスのグループ会社で、初期費用0円・一括借上げ方式で安定収入が目指せるうえ、管理業務すべて負担と、オーナー目線の運営を心掛け、成功オーナーを数々輩出しているイチネンパーキング。西日本営業一部部長の橋本乃一さんにコインパーキング経営を始めるうえでの不安や疑問をぶつけてみました。

そもそもコインパーキングで空車が出てしまうのはなぜでしょうか。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

競合する駐車場の増加や駐車料金の低下が原因であることが多いと思います。
御社は周辺店舗への営業活動に力を入れていらっしゃるそうですが、そういった努力も空車対策には欠かせない要素なのでしょうか。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

はい。その通りです。競合他社との差別化になると考えています。
空車が起きてしまう原因として、単純に競合に価格が負けているからということもあるのでしょうか。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

駐車料金は基本的には周辺の駐車料金相場に合わせて運営いたします。しかし、駐車場の増加などの影響により稼働率が低下した場合、駐車料金を下げる会社がでてきます。
お客様は料金の安い駐車場を選ばれますので、その他の駐車場の稼働率が更に低下します。
その結果、各社とも駐車料金を下げることになります。需要が高くなるわけではありませんので、駐車料金相場は下がり稼働率は元の低い状態に戻り、売上が更に低下する悪循環に陥ることになります
空車が発生したとしても、料金を下げるという手段は取らないほうが良いのでしょうか。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

駐車料金を下げても需要自体が高くなるわけではありませんので、実質的には空車対策にはなりません。ただ、他社が料金を下げてきた場合はこちらも下げざるを得ないと思います
空車を発生させないためには何をすべきなんでしょうか。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

弊社は、周辺店舗への駐車サービス券での提携店募集や月極契約者募集が重要だと考えています。加えて、需要が伸びているクレジット決済やQR決済を導入して利便性を高めることも大切です。
目安として稼働率は大体%くらいだと、安心していいのでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

ロケーションにもよりますが、昼間については70~80%程度の稼働率であれば、
安心しても良いと思います。

コインパーキング経営のコツ
こうすれば会社選びで
失敗しない

橋本さんの話によると、空車対策としてできることは、オープン前の周辺調査による緻密なシミュレーションと、オープン後の営業努力の2点。逆に対策が難しいのは、オープン後に次々と競合が参入して、コインパーキングが飽和状態となり、結果エリアの相場が下がってしまっている状況だそうです。

ただし、このような問題が起きた際、周辺店舗への営業や月極の募集など、いくつか策をとってくれるかどうかで結果も変わってきます。事前調査をしっかり行ったうえで、その後の営業サポートもしっかり行ってくれる運営会社を選ぶことが、空車対策と収益の安定化につながるでしょう。

成功オーナーの声

イチネンパーキングの協力を得て、安定収益を上げている現役オーナーの方に「コインパーキング経営の成功のコツ」を聞きました。 60代男性のCさんは、7台分の駐車スペースを持ち、月額の賃料は22万円程度。収益は主に貯蓄に回しているそうです。

Cさん

Cさん
60代男性
経営歴20年

コインパーキング経営を成功させるのに一番大切なのは、入念な会社選びです。コインパーキング経営といっても様々な委託会社がありますが、 私の場合は、次の3つのポイントで決めました。
・営業マンの対応に好感を持てるか
・周辺地域に強い会社かどうか
・目標意識が高く、末永く付き合えるか
結果的にイチネンパーキングさんに決め、今では毎月で約22万円の賃料を受け取っています
管理業務も徹底されていて、これまで近隣住民からのクレームもありませんし、トラブル対応も早く心強いです。 衛生意識が高く、駐車場付近の清掃なども定期的に行ってくれます。
イチネンパーキングは
こんな会社
イチネンパーキング
引用元:イチネンパーキングHP
https://www.ichinenpark.co.jp/
「契約して終わり」ではない。
丁寧なサポートと積極的な営業活動で安定収益を目指せる

イチネンパーキングでは、コインパーキング経営のイニシャルコストからランニングコストまでの費用を負担してくれます。基本的に土地さえあれば、すぐにコインパーキング経営を始めることが可能で、クレーム対応や集金、経理などの面倒な管理業務もすべてお任せOK。一括借上げ方式のため、毎月安定した収入を得ることが可能です。

イチネンパーキングの最大の強みは、契約からその後のサポートまで一貫体制で同じ営業担当者が行ってくれる点にあります。周辺店舗と提携を行うため(=収益の増加)の営業活動や、定期的な設備点検・清掃によるサービス向上がモットー。インタビューにもあったように、事前の周辺調査に力を入れているため、経営を行う前に賃料がわかることもポイントです。2021年7月現在、全国1,500カ所の駐車場を運営しており、実績の面でも安心して任せられる会社といえるでしょう。

【フリーダイヤル&
24時間対応】
電話で問い合わせる