埼玉県で駐車場経営を行う上で注意すべき点

目次

注意点

東京都のベッドタウンとしても発展してきた埼玉県。特に、都市部で人口や交通量が多く、駐車場に対する需要もありますが、エリアによっては地域ごとの特性も異なりますので、必ずしも人口だけでは駐車場の需要を判断することはできません。一般的には、月極駐車場よりもコインパーキング(時間貸駐車場)の方が、駐車場経営としての収益性は高いといわれていますが、その地域の周辺環境や駐車場ニーズを見極めることが何よりも重要です。

月極とコインパーキングはどちらが儲かる?

一般的には、月極駐車場よりもコインパーキング(時間貸駐車場)の方が、駐車場経営としての収益性は高いといわれていますが、その地域の周辺環境や駐車場ニーズを見極めることが何よりも重要です。埼玉県内に限らず、駐車場経営を成功させる上で何よりも大切なのは、まずその土地が、月極駐車場とコインパーキングのどちらに適しているのかということや、そもそも駐車場としての需要があるのかどうか、地域のニーズや特性なども正確に把握しておくことなのです。

埼玉県でコインパーキング経営を行う際のポイント

埼玉県でコインパーキング経営を行う際は、以下の点を把握することがポイントです。

人口・交通量

その土地の周囲の人口や交通量は、駐車場ニーズを左右する非常に大きなポイントです。 ビジネス街のような昼間に人が多いエリアと、住宅街のような夜間や休日に人が多いエリアでは、求められる駐車場のタイプも異なるでしょう。そのたえ、時間ごとの人口や交通量、そのエリアですでに存在している駐車場の有無や件数などを調査し、総合的に把握しておくことが必要です。

地価

土地をすでに所有している場合は、土地を持っていない場合に比べて、圧倒的に駐車場経営を始める上では有利です。駐車場経営を始めるために土地を購入する場合は、地価が高い場所の土地を買うと初期費用がかかりすぎますし、駐車場経営の利益ではまかなえない可能性が出てきてしまいます。逆に、もともと地価が高い土地を所有している場合は、イチから駐車場経営を始めるライバルが少ないと考えることもできます。

2021年[令和3年]の埼玉県の基準地価は、平均14万3040円/m2で、坪単価は47万2862円/坪です。埼玉県の市区町村地価ランキングで最も高額なのは蕨市で、地価平均は33万4500円/m2、坪単価は110万5785円/坪。次いでさいたま市、戸田市となっています。

参照元:土地代データ(https://tochidai.info/saitama/)

固定資産税

駐車場経営を行う上で、固定資産税などの土地にかかる税金は非常に重要なポイントです。まず、土地はただ持っているだけで税金がかかりますので、家や店舗などの物件を建てる予定がない場合に駐車場として活用する、というように、何らかの方法で収益を上げ、せめて税金分だけでもまかなうといいでしょう。ですが、大都会である埼玉県内の中心部では、固定資産税が高いエリアもありますので、駐車場経営による収入だけでは見合った税金をまかなえないケースも。そのため、駐車場経営で見込まれる収益と、所得税や固定資産税などの支払う税金の額を事前に比較し、検証しておくことが重要なのです。

まとめ

上記のエリアで、土地活用のためにコインパーキング経営を行うのであれば、それぞれの地域の特性を踏まえることが先決です。まずはしっかりと調査をし、どんな形態の駐車場が向いているかを見極め、検討した上で判断しましょう。