→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには? » コインパーキング経営で
賃料減額交渉された
ときの対処法は?

コインパーキング経営で
賃料減額交渉された
ときの対処法は?

目次

コインパーキング経営において減額交渉はよくあることなのか、調査してみました。専門家へのインタビューも行っていますので、駐車場経営に失敗したくないオーナーはぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営の
減額交渉に関するネット上の噂

賃料減額はよくあるトラブルの一つ

駐車場の賃料減額の交渉を受けるケースは珍しくありません。例えば、契約から数年後に開発が行われ周辺状況が著しく変わってしまった場合、周りのコインパーキングとの料金の兼ね合いから減額せざるを得ないケースになることが。また、昨今では新型コロナウイルス感染症の拡大による外出機会の減少により、コインパーキングの利益も少なからず減少しているという現状があります。

参照元:和光ファーム株式会社
http://www.wakofirm.co.jp/view-page.php?id_submenu=8

賃料減額を求められた場合の対策方法は?

賃料減額の交渉を受けた場合には、まず本当に稼働率が下がっているかを確認することが大切です。稼働状況の資料があれば見せてもらいましょう。また、賃料減額に応じる場合、数カ月後には元の賃料に戻してもらえる可能性があるのか、しっかり確認しておくこともポイント。新型コロナウイルス感染症の場合は特に将来的に落ちつくことが予想されるため、売り上げ挽回のチャンスが見込めます。売り上げが戻ったところで賃料を戻してもらうよう、事前に交渉しておきましょう。

減額交渉に納得できない場合、他の会社に見積もりを依頼してみるのも一つの手。同じエリアでも賃料がまったく異なるケースがあるため、自分が納得できる金額を提示してくれる会社があるかもしれません。

参照元:駐車場経営.jp
https://chusyajo-keiei.jp/archives/4770

本当のところどうなの?
コインパーキング経営の
減額交渉について専門家に
聞いてみた!

疑問に
答えてくれたのは…
取材協力イチネンパーキング

東証プライム上場のイチネンホールディングスのグループ会社で、初期費用0円・一括借上げ方式で安定収入が目指せるうえ、管理業務すべて負担と、オーナー目線の運営を心掛け、成功オーナーを数々輩出しているイチネンパーキング。西日本営業一部部長の橋本乃一さんにコインパーキング経営を始めるうえでの不安や疑問をぶつけてみました。

賃料の減額交渉が起きてしまう理由や背景を教えてください。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

競合する駐車場の増加により、稼働率の低下や駐車料金相場の下落により、赤字運営に陥ることがあります。
契約前に駐車場の売上予測のために調査を徹底的に行うのですが、あくまでも予測ですので、想定どおりに売上が出るとは限りません。万が一、赤字運営が常態化した場合には、賃料の相談をさせていただくことがあります
賃料の減額を防ぐためには何をすべきでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

賃料の減額は、オーナー様というより運営管理会社の責任です。弊社の場合は、コインパーキング周辺にある美容院などの店舗への駐車サービス券で提携店を募集したり、月極契約者を募集するなど、黒字化のための営業活動を徹底的に行います。基本的に賃料の相談をすることが無いようにしたいと考えています。
そういった営業活動をせずに、減額交渉をしてくるケースもあるのでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

減額交渉をする会社は多いと思います。駐車場収支表などの資料提示もなく、一方的に減額を通知するような乱暴な会社もあるようです。そういうご相談を受けて、弊社に切り替えて頂いた土地オーナー様も多くいらっしゃいます。
イチネンパーキングさんの場合ですと、減額交渉は本当に最後の最終手段になるのでしょうか?
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

はい、その通りです。徹底的に営業活動をしても黒字化の見通しが立たない場合、最終的に相談させていただくことがあります。その場合も周辺の競合状況や料金相場、駐車場の収支表を提示し、丁寧に説明するように努めています。ただし、弊社が賃料の減額幅を一方的に決めることはありません。あくまでも土地オーナー様と相談させていただいて、新賃料を決めるようにしています。
「契約時は高い賃料でその後少しずつ賃料を減らす会社が多い」という噂も耳にしました。
イチネンパーキング橋本さん

イチネンパーキング
橋本さん

コインパーキングの赤字・黒字に関係なく、営業活動をしている会社自体少ないと思います。
弊社は赤字・黒字に関係なく、黒字化のための営業活動を徹底的に行っています。

コインパーキング経営のコツ
こうすれば会社選びで
失敗しない

橋本さんの話では、やはり減額交渉は実際にあるようです。ただし、管理する会社によって対応は異なるようで、しっかり協議を行ったうえでの減額になるのか、一方的な通知になるのかは分かれるそう。

また、減額交渉に至るまでの営業努力の度合いも会社によって異なることがわかりました。本来なら減額交渉は最終手段であるべきはずですが、多くのコインパーキングを抱えている会社などは、細やかな営業活動は行っていないこともしばしばあるようです。減額交渉に不安のあるオーナーこそ、会社選びは慎重になったほうが良いでしょう。

【減額交渉をなるべく避けるためにできる会社選びのポイントまとめ】

以上3点を契約前に確認しておくことで、賃料減額のリスクを下げることができます。名の通った会社というだけで安心することなく、個人個人としっかり向き合ってくれる信頼できる会社を選びましょう。

成功オーナーの声

イチネンパーキングの協力を得て、安定収益を上げている現役オーナーの方に「コインパーキング経営の成功のコツ」を聞きました。50代男性のBさんは、10台分の駐車スペースを持ち、法人として経営して会社の安定的な売り上げアップを実現しています。

Bさん

Bさん
50代男性
経営歴15年

コインパーキング業界は初期費用がかからず開業が比較的簡単なため、運営会社の質が玉石混交です。 自社の利益と成長を過剰に優先する会社の場合、一時的に高い賃料で契約できたとしても、資金繰りに行き詰まって倒産してしまうケースも散見されます。
安定して稼ぐコツは、信頼できる運営会社かどうかをしっかり見極めることです。
一番わかりやすいのは、上場企業かどうかでしょう。
上場企業はやはり安心感がありますし、財務内容も公表されているため、状況を把握しやすいです
業歴も長ければそれだけノウハウを持っていますし、安心に繋がると思います。
あとは、コミュニケーション面ですかね。
営業担当が頻繁に入れ替わるような会社だと、不安を感じてしまいますが、 イチネンパーキングさんは初期対応からずっと営業担当が代わらないとのことでしたし、 社長さんをはじめフットワークが軽く誠実な印象を受けたので、安心して任せられました。
イチネンパーキングは
こんな会社
イチネンパーキング
引用元:イチネンパーキングHP
https://www.ichinenpark.co.jp/
「契約して終わり」ではない。
丁寧なサポートと積極的な営業活動で安定収益を目指せる

イチネンパーキングでは、コインパーキング経営のイニシャルコストからランニングコストまでの費用を負担してくれます。基本的に土地さえあれば、すぐにコインパーキング経営を始めることが可能で、クレーム対応や集金、経理などの面倒な管理業務もすべてお任せOK。一括借上げ方式のため、毎月安定した収入を得ることが可能です。

イチネンパーキングの最大の強みは、契約からその後のサポートまで一貫体制で同じ営業担当者が行ってくれる点にあります。周辺店舗と提携を行うため(=収益の増加)の営業活動や、定期的な設備点検・清掃によるサービス向上がモットー。インタビューにもあったように、事前の周辺調査に力を入れているため、経営を行う前に賃料がわかることもポイントです。2021年7月現在、全国1,500カ所の駐車場を運営しており、実績の面でも安心して任せられる会社といえるでしょう。

【フリーダイヤル&
24時間対応】
電話で問い合わせる