→コインパーキング経営虎の巻 » コインパーキング経営で失敗しないためには? » コインパーキング経営における業務の内容とは?

コインパーキング経営における業務の内容とは?

目次

コインパーキング経営における業務の内容について、詳しくは知らない土地オーナーの方もいるのではないでしょうか。コインパーキング経営は、単に精算機やロック板を設置がすめば完了するのではありません。集金や定期的な清掃、問い合わせ対応など、さまざまな管理業務が発生します。

ここでは、コインパーキング経営に必要な業務とトラブルのリスク、委託した方がいいケースについてご紹介します。

コインパーキング経営に必要な業務とは?

コインパーキング経営では、利用者を増やすための集客活動や駐車場の巡回、清掃業務などが必要です。

認知度向上に必要な広告宣伝業務

コインパーキングに必要な精算機や看板の設置、車室および車路の区画、縁石の切り下げ工事が完了したあとは、開業前に宣伝業務へ注力する必要があります

コインパーキング経営にかぎらず、どのような事業でも開業当初から大盛況になりませんし、多くの方がサービスについて知りません。そのためコインパーキング経営に必要な準備が完了したら、駐車場の敷地内に大きなのぼりを立てたり地元の新聞への折り込みチラシを依頼したり、SNSやwebサイトを利用したweb上での宣伝を実施します。

清掃や巡回業務

コインパーキングを開業したあとは、チラシの配布やのぼりの設置だけでなく、駐車場内の定期的な巡回や清掃も行います。

駐車場内では、利用者による様々なごみのポイ捨て、風によって枯れ葉や枝が入ってくる場合もあります。駐車場の利用者にとってごみの多い駐車場は、不衛生で利用しにくいものです。不正駐車をはじめとするトラブルにつながりやすく、治安が悪化する原因にもなります。

そのため、定期的に巡回や清掃作業を行う必要があります

他にもコンクリートの隙間から雑草が生えたら、利便性や清潔な状態を保つために除草作業を続けるのも大切です。

集金や入金の確認業務

コインパーキング経営の場合、精算機に入っているお金を定期的に集金します。また精算機の管理業務では、集金だけでなくおつり用の硬貨の補充や領収書のロール紙の交換も忘れずに行う必要があります。

突発的な事象に対する処理業務

コインパーキングでは精算機やロック板など複数の設備が設置されているため、定期的な保守点検や故障時の調査と修理、経年劣化に伴う新規設備への交換も必要となります。また修理や交換は専門業者へ依頼するため、費用負担が発生します。設備の修理交換以外には、不正駐車被害や利用者同士のトラブルなどの対応もします。

コインパーキング経営におけるトラブルとは?

料金に関するトラブル

コインパーキング経営をはじめ、どの駐車場経営でも料金トラブルが起こる可能性はゼロではありません。

利用者から「料金体系が分かりにくい」「近くの駐車場より料金が高い」「精算機にお金を入れたけどおつりが出てこない」などの料金に関する相談やクレームを受ける可能性があります

コインパーキング経営を始める時は分かりやすい料金体系を作るのはもちろん、見えやすいよう料金を看板に大きく表示しましょう。

騒音トラブル

経営するコインパーキングの近くに住宅があると「駐車している車のエンジン音がうるさい」「駐車場内で騒いでいる人がいる」など、騒音に関するクレームを受ける場合もあります

騒音トラブルを防ぐには、監視カメラや注意喚起に関する看板の設置を行います。また近隣住民の方へ挨拶し、コインパーキング経営に対する理解を深めてもらうように努力しましょう。

敷地内の環境に関するトラブル

駐車場を利用している方の中には、たばこや缶、プラごみをポイ捨てしている方がいるかもしれません。また雨や風によって、敷地内へごみが転がってくることもあります。

ごみを放置していると、利用者からのクレームが発生したり不衛生な状況からリピーターが減少する場合もあります。またさらなるごみのポイ捨てや治安への影響など、多くのトラブルにつながる可能性もあるため、定期的な清掃や巡回業務も重要です。

管理委託方式でのコインパーキング経営に向いている人

コインパーキング経営は、主に個人で管理業務を行う方式と専門業者へ管理を委託する方式の二つの運用方式があります。

管理委託方式でのコインパーキング経営が向いている人について紹介します。

自宅から駐車場まで離れていてアクセスしにくい

自宅から自身の所有する駐車場まで距離が離れていると、巡回や清掃業務などの管理業務を継続するのは難しい場合もあります。

不動産会社や駐車場関連の管理会社は、清掃や巡回業務などの一部管理業務を請け負っている場合もあり、一括借り上げ方式で全て委託管理可能なケースもあります。アクセスしにくい場所でコインパーキング経営を始める時は、管理業務の委託を検討してみるのが大切です。

本業が忙しく時間的余裕がない

本業やその他特段の事情で忙しいという方も、委託管理を検討してみるのがおすすめです。

少なくとも週に何度か駐車場の巡回や急な問い合わせに対応できる時間がないと、個人経営でコインパーキングを維持していくのは難しいところです。

副業としてコインパーキング経営を検討している方は、一括借り上げ方式といった委託管理方式を選択することで自身の負担を軽減できます

個人でトラブルに対応することを避けたい

コインパーキング経営を行っていると、ロック板が下がらない、精算機からおつりが出ないなど、さまざまな問い合わせを受けることがあります。

しかしクレーム対応の経験がなければスムーズに処理するのは難しいもの。手間と時間がかかる業務です。また対応を間違えると、大きな問題に発展しかねません。

このようなトラブルを個人で対応したくない方やクレーム処理に慣れていない方は、駐車場管理の専門業者へ委託するのが大切です。